調湿性能

Humidity control performance

暮らしの上でちょうど良い湿度というのは通常 50%から 60%と言われています。
夏の暑い日、土塗り壁は室内の湿気を吸収してくれるので、室中の空気はサラリとしています。反対に乾燥する冬は、吸収した湿気を放出して過乾燥を防ぎ空気に潤いを与えてくれます。
人間は発汗機能が非常によく発達しており、基本的には暑さに強いそうですが、気温が高いだけでなく、湿度が高いと汗による体温調整がうまくできず、「蒸し暑い」と感じてしまいます。この身体で感じる温度のことを「体感温度」といいます。気温が30℃を超えると、湿度が 10%多くなるごとに体感温度は約 1℃づつ高くなります。また、体感温度は風によっても左右されます。このように人間が生活するうえで不快を感じるような体感を、気温と湿度で表した指数を「不快指数」といいます。
土塗り壁の調湿性能が、この不快指数を快適ゾーンへと導いてくれます。
 

HOME | 楽園スタイル | 土塗り壁高断熱住宅 | 調湿性能